仮想通貨入門

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/14(火) 21:01:10.388 ID:oYKqdMVc0
ビットコイン先物 – リスク概要 ビットコイン先物(BTCs)はデリバティブ商品であり、全ての投資家に適切な商 品であるとは言えない。先物はレバレッジプロダクトであり、契約相当額の数パ ーセント(%)の資金で取引が可能である。そのため、取引のために拠出した資 金の額を超える損失が発生する場合もある。取引に際しては生活様式を維持して いくのに影響しない程度の資金を用い、全ての取引が必ず利益をもたらすとは限 らないことから、各取引はこの資金の一部を使って行うべきである。先物取引に は、極めて高いボラティリティ、レバレッジ、限月交代、証拠金、決済など、特 定のリスクが存在する。また、源市場のビットコインとその先物の価格が完璧な 連動関係にならない場合もあり得る。BTCsに関しては、投資資金の大部分、また は全てを失う可能性もある。従って、投資家としては、BTCsの投資リスクを負う 余裕があるかどうかを、慎重に検討する必要がある。 ビットコインについては、明確な固有価値が存在しない。ビットコインはまた、 伝統的な資産ではない。最終的に、ビットコインは認知されるに至らず、価値の 単位や通貨として扱われることはないかもしれない。ビットコインの取引に関し ては、中央銀行や規制当局の関係者を始め、市場参加会社の幹部や学者などが、 極度に高いボラティリティや経済的価値が欠如していること、規制が行き届いて いないこと、マネーロンダリングや匿名による資金移動などを指摘して、高リス クであることを警告している。技術進歩に伴う価格リスクや仮想通貨のプロトコ ル改善に加えて、こうした指摘事項が単体で、または複数が作用し合うことで、 政府や規制当局による市場介入が実施されたりすれば、ビットコインやBTCsの価 格形成や市場流動性が大きな影響を受ける場合も実際の可能性として存在する。 https://www.cmegroup.com/ja/disclaimer/bitcoin-futures-risk-factors.html
引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1594728070/

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

続きを読む

Source: 仮想通貨まとめニュース

つぶやき速報
エイダコイン速報
Read more.
ビットコイン速報
Read more.
イオス、ファクトム、キャッシュ速報
Read more.
ネム、コムサ、ザイフ速報
Read more.
リップル、ステラ速報
Read more.
匿名通貨(DASH他)速報
Read more.
ICO(新規コイン発行)
Read more.
仮想通貨市場動向
Read more.
ビットコインキャッシュ等
Read more.
オミセゴーOmiseGO速報
Read more.
BitSharesビットシェアーズ速報
Read more.
Vergeバージ速報
Read more.
オーガー、ノシス速報
Read more.
シアコインSiacoin速報
Read more.
リスク(LISK)速報
Read more.
クァンタム速報
Read more.
NEO、トロン速報
Read more.
IOTA、ETC速報
Read more.
ICON(アイコン)速報
Read more.
ライトコイン、Rai Blocks速報
Read more.
QRL、SHIELD速報
Read more.
イーサリアム速報
Read more.
モナコイン速報
Read more.